TEL 042-534-9215   OPEN: 10:00-18:00 水曜定休

HOME > BLOG > COLUMN

BLOG CATEGORY

COLUMN

残念なお知らせ(フレンチブルドッグ)

現在当店のペットホテルは大型犬と柴犬など一部中型犬の利用はNGにしていますが

今後 フレンチブルドッグの新規ご利用もNGになります。

 

元々お試しをしてもホテル利用が出来る割合が非常に低い犬種であった事と

今回お試しを利用された飼い主様から、お断りしたことでお店として誹謗されたことが原因です。

 

 

巷のケージレスペットホテルに比べて当店のホテルが落ち着いて静かな理由の一つ

預かれない犬を断っているからです。

 

そして多くのお店が断れない理由は

①売り上げ

②システム

③誹謗中傷

 

人間がホテルに宿泊して隣の部屋が騒がしかったら嫌でしょう。

だから吠える犬や攻撃的な犬、滞在犬を怖がらせる犬を預かりません

 

 

そんな理由で制限をかけるって不本意で寂しい事ですが

わが子がかわいいのは一定理解できるし

世の中として、匿名で騒ぐ事が当たり前になってるので正直仕方ないと思ってます。

 

 

僕ら犬を世話して生活している人間って

ただただ犬と楽しくしてたいって思ってるんですよね

自分を守るためにも必要な決断でした

 

では

 

 

 

 

歩様の話 【散歩のセオリー】

先日パピパ終わりに 希望者の方を集めて散歩のレクチャーをしました。

上手に歩ける犬、飼い主さんが緊張してるから良い子にしてた犬・・・などなど

いろいろでしたが(笑)

全般言える事は 

歩くのが早い

 

愛犬の歩様をイメージしてください

 

社会化には 犬慣れ 人慣れ 環境慣れが必要です

環境に慣れるには「外」で平常心で「長時間」居る事が必要です。

 

環境慣れしないと生きていけない 野犬や野良犬って車に轢かれるわけにはいかない

適切に車というものの危険度を理解するためには平常心で物事を判断する能力が必要ですね。

愉快犯で脱走する犬もしかり。車には轢かれないです。

 

そういう犬の歩様が散歩の歩様です。

 

 

飼育頭数の増加によって

 

1月中旬まで「ロータス パピーが長期欠品」とお伝えしていましたが

その後 パピーだけでなくすべてのシリーズが現在メーカー欠品で

次回入荷は2月初旬を予定しているようです。

 

お店の在庫も 買い貯めしておいたダックとチキン以外は品薄もしくは欠品です。

 

 

 

仔犬を飼い始める人が世界中で突発的に増えた事とコロナの影響かと思います。

ロータスのパピーをお買い求めいただいていたお客様には入荷までの間は

フレインリーシリーズかナウフレッシュパピーだ代用していただくようお願いします。

 

 

2022-01-20 (3).png

 

今まで店頭で12万でしか売れなかったミックス犬が30万で売れるようになったからと言って

ブリーダーやろっ!って人が急激に増えたり

既に繁殖を仕事にしている人が、出産のサイクルを急回転させたりする訳でもなく

 

ただこの飼育頭数の数値には反映してこない保護犬などのルートで犬を家族に迎える人も含めたら

犬の数は増えていてある意味 犬の飼育ブームと言えると思います。

そのくらい保護犬を家族に迎える人が増えてます。

 

 

 

 

FBでフォローしてる神奈川県で保護活動している人の施設を坂上忍が紹介していたのでシェアします。

 

 

 

 

 

 

小型犬50頭をホテルで預かるのもなかなか大変だけど

雑種の中型や大型を100頭ボランティアで世話するなんて大変すぎます。

 

 

先日紹介した山口県の野犬もそうですが、行政が予算を確保すれば解決できる事で

ただ犬の為に税金を使う事を快く思わない人間が大多数だから

比較的先進的な思考の出来る人が保護をし続けないといけない訳です。

 

2022-01-20 (1).png

 

 

2022-01-20 (2).png

 

 

 

ホントそれで、動画の中でも行政が動き方を変える事を促してましたがしばらくは厳しいです

 

先日子育て世代の支援金20万円が振り込まれてました。

有難いし返さないけど(笑)

個人で20万 銀行から借りるのとあんま変わらないです。

結局 この2年間 貸し出しをし続けたツケを誰かが買って出るか

買って出る人間が居なければ、数年後から税金として徴収されるだけで

経済回すってモードにならない間身を削って頑張る人は相対的に多くないだろうから

犬の為に税金を投入する事はしばらくは無いでしょう。

 

国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物のあつかい方でわかる ガンジーオセロ

 

 

 

 

 

12年間吠え続けた犬

先週飼育相談に来てくれたダックスを一日預かりました。

 

 

 

犬がとにかく苦手で、散歩ではワンワン吠えて攻撃をしかけるそぶりを見せます。

当然飼い主さんは怖くて近寄らせる事は出来ないですから、犬と共存なんて考えもしなかったはず

 

結果

夜は複数の犬と僕とで雑魚寝してました。

 

一番伝えなければならない事は

そんな事したくてしてる訳でもなく

する必要性なんてこれぽっちもない穏やかな犬だってことです。

 

24時間でここまで変われるんだから

自宅でも変えられるはずです。

 

 

昔電流の流れる首輪を買った事を後悔してらっしゃいました

チョークチェンで首を絞めた時に犬は目を赤くしていたそうです。

 

自分達の間違った認識と接し方が招いた事ですから

しっかりと理屈を理解して

あるべき姿に戻してあげてください。

 

12年間の勘違いって地層のように犬を固めているのかと思ったら

そうでもないんですね。

 

 

なんだろう

問題行動の改善のために1年間 預かって指導する施設とか

何かと長期間預かる人って

率直に犬の事よりビジネスの事優先なんでしょうね。(感想)

吠える必要なんて無い犬 

散歩中吠えてしまう子の相談LIVEです。

 

 

 

 犬が吠えるメカニズムって多岐に渡る訳でもなく、複雑でもないので

=毎回同じことを伝えている訳ですが。

かなりの確率で同じ条件な事があって

 

「そんな経験したなら吠えても仕方ないよね」って経験を犬がしていないんですね。

じゃぁなんで?ってなる訳ですが

そこはいくつかのパターンがあります。

 

≒ 吠える必要なんて無い子なんですよね。

吠えさせてるとか吠えを引き出してるとも言えます。

 

飼い主さんからすれば、切なくなるし認めたくないと思いますが

事実です(;'∀')

 

昨日預かった子の散歩に行ってきました

 

細かな内容は以前作った動画で詳しく説明しています。↓

 

 

 

 

 

この子の場合は、癖も強くないし聞き訳も良くすぐに順応してくれます。

 

 

公園までは是正、是正の散歩で

公園についてはじめに遭遇した犬との様子を載せます

もっと前後があった動画ですが

Short動画を試してみたくて1分にしました(笑)

 

 

野犬と野良犬の違い

パピパに野犬の保護犬が来てくれた事をきっかけに、動画で「野犬」を調べたら

関連動画が結構存在してて、その1つの動画にほっこりしたので共有します。

 

 

 

 

タイ(多分)の青年が野良犬をハグするだけの動画ですが

若い頃タイに行った時の事を思い出しました。

 

屋台でご飯食べてたら足元に短毛の大型雑種がいるんですよね。

ホント穏やかで可愛くてね。

狂犬病の事を考えたら安易に触るべきではないんだろうけど

動画の青年の行動と動画の評価が実情を表してますよね。

 

リスクに関しては広い視点で考えるべきだし

逆に北海道の最北端と新宿区とで同じリスクの訳が無く、狭く考える事も必要かもしれません。

 

 

 

 

では。

 

野犬子犬がパピパに登場

昨日のパピパは中型雑種の仔犬が来てくれました

山口県から送られて来て3日しか経っていませんが、野犬の飼育って難しい部分も出てくる事が多いので

「社会化」の情報を飼い主さんが積極的に飼育前から取り入れて早々に参加してくださいました。

 

3か月という比較的柔軟な時期という事もあり、楽しそうにしてメチャ可愛かった

 

 

 

 

DNAに負けないように都会の生活に慣らせていってほしいです。

 

 

東京に住んでいると「野犬」って何?って思うかもしれませんが

 田舎に行けば野犬って多いそうですね。

人間による飼育放棄が原因のひとつなのだから人間が人道的に対応するべきだと思います。

 

 

 

 

こんな動画見てると切ないですね

パピパに来てくれてる子も、。動画の中の仔犬も

あどけない表情で純粋無垢で子犬でしかないのに

野生化してしまうと家畜を襲うしかなくて、銃を持つ人間に牙を剝くしかなくて

撃たれるしかないなんて切なすぎます。

 

 

 

ワクチン2回目から散歩に出る文化

コロナの影響で都市部に住むメリットが薄くなったり、生きていく上での価値観が変わってきた今 

僕は「懐かしい未来」という言葉が好きで

けっこう前からこの言葉でポジション取った人勝ちだと思っていたらこの曲。

 

このパワーワードで検索したらこの曲が完全に上位を埋めるでしょう。

この人(上白石もね)の何でも上手にこなすところが好きで、このLIVE映像何度も見てます。

いち観客の動画もYouTubeに沢山上がってますが、すべての収益はgoogleを通して制作側に入ります。

この先パワーワードと関連動画で回りに回ります。

 

録音もしないで、CDの制作も広告もしないでとてもシンプルにgoogleと制作側が儲かるという

 

 

 

 

 

 

昨日の飼育相談は「吠え」

とても良い子で、吠えない状況の心地よさの経験値が少ないだけだと思いました。

 

この動画の面白いところは飼い主様の分析力です。

適切にわが子を分析して、大惨事になる前に相談してくれて

おそらく苦労しないで解決できると思います。

 

 

 

そして散歩の時期について動画の冒頭で話しています。

 

ペットのコジマの専属の獣医師が2回目のワクチン接種後の散歩を推奨(許可)したとの事

 

 

昔記事にした事がありますが

この会社の人に「2回目のワクチン後の散歩を推奨するよう検討してください」とメッセを送った事があります。

獣医師が作った会社だし、保険の兼ね合い等々あって難しいのだろうと思いますが、当時は「無理です」

という回答でした。

 

ただこういった業界最大手が率先して、社会化について真剣に研究してくれると

単純に年間に扱う犬の頭数が多いだけでなく

業界全体に対する影響力も大きいですから、他のペットショップも追随すると思うんですよね。

 

今日は近くのららぽーとのペットショップでは大規模な広告を打ってで子犬のセールだそうです。

販売方法等々、ペットショップ批判も多いですが

一日で50頭とか販売するらしいのでその販売力って凄いと思います。

 

50頭って(;´・ω・) 飼育の説明をしている余裕なんてないと思うけど

少なくとも法令に遵守した飼育説明はしてもらって

明日以降飼育のアフターフォローはしてあげて欲しいですね。

 

では。

悩みを解決するために大切な事は方法ではなく理屈

週末に2回飼育相談のライブをしました。

 

どうして相談をライブ配信するのかについては何度かお話ししていますが改めて書くと

 

①犬の飼育に関する悩みって全てが「あるある」

 

タブレットがあればオンライン授業は誰でも受けられます。

小学校に先生が全てのカリキュラムを教えられる努力をしたうえで、さらに英語を教えるって

誰がどう考えても非効率ですよね。

日本で一番何かを教える事が上手な人間が日本中の小学生にオンラインで教えた方が効率的です。

学力の差はあれど、教え方に地域差は無いから。

 

しかも悩みや伝える情報が急激に変化する事って無いです。

先日「今後もドッグフードの情報を発信してください」ってコメントを貰いましたが

もはや新たにマス向けに伝えるドッグフードの情報なんて無いです。

無理して伝えるとしたら、マス向けではなくマニアックな内容だったり

今後の時代の変化に対応した部分の抜粋位だと思います。

 

つまり日本中で個別に閉鎖された空間の中で相談を受けるより、同じ悩みを抱えている人は

リンクしている相談を聞けば良いだけだと思います。

 

 

②方法論より前に「理屈」を話す人がいない

 

 

 

 このご相談の最中に

「情報が溢れていて、何を採用すれば良いのか分からない」と質問を頂きましたが

方法論は二の次なんです。

どうして今の状況にあるのか「原因」と「理屈」を理解する事が大切で。

私は対症療法を伝えている訳ではない。

オヤツで気を反らして問題を解決して欲しい訳ではないという事です。

 

 

動画の中でも結論に近い形でお伝えしていますが

ルール作りがまるで無い状況で飼っているから、犬が間違った情報処理をし続けてきた事が

ほぼほぼの原因です。

 

 

 

 

 

そしてこの↓セッションでの結論は

「状況設定のミス」と「時間の見積もりミス」です。

 

 

 

 

 

共通した結論としては

犬は良い子です(笑)

 

理屈を理解すれば、労力の差はあれ

どちらの問題も解決できるし解決するために努力するべきですね。

 

では。

 

 

いよいよ情報が枯渇してきた。

SNSの普及に伴い閉鎖的だった空間が開かれてきて

「情報」の単価が下がってきましたよね。

今までだとお金を払って得ていた情報が無料で手に入れられるようになった。

「情報」そのものに価値を設定するより情報を受け取る相手の総量を増やす事の方がメリットがあったりします。

 

 

情報が溢れてくるから多くの人の学習意欲も増して

「人」のインプットの総量が爆発的に増えました。

 

 

当然ながら「情報」は枯渇していきます。

 

20200907nigisu03.jpg

 

底引き網漁の事詳しく知らないのに例に出すのもアレですが。

地底のエビを適量摂る事が目的なはずなのに、サンゴや他の魚や生物も無駄に破壊(消費)して

結果エビが増える環境を壊してエビが枯渇する(完全なイメージです(;'∀'))

 

そんな感じでどう考えてもエビの量は有限であるにも関わらず

しかも情報を得たところで、アウトプットもしないにも関わらず摂取し続けるから一気に「情報が枯渇」

しました。

 

一番困るのは中間層であるインフルエンサーかなと。

 

2022-01-10.png

 

今までは横並びのインフルエンサーどうし情報を共有して、それぞれ自分のプラットフォームの中で

発信してきましたが、受けてが増えてしまって発信する内容が無くなってしまいました。

 

そうなると同じ内容を繰り返し発信するか、精度の低い持論を発信するしか無くなります。

 

 

自ら発明家になって0→1を発信すれば良いのでは?と思うかもしれませんが

発明家には努力ではなれないし、0→1を作り出すには「失敗と検証」という時間と努力が必要な為

多くの人にとっては効率が悪い一面があります。

 

でもインフルエンサーは層の中では中間層にいるのでは?と思うかもしれませんが

築いてきた位置から降りるのと、現状維持するのでは前者の方が辛いです。

 

 

もう1つ、発明家(専門家、研究者、第一人者)のつくり出したものを利用して地位を確保している

インフルエンサーは発明家より得してない?って思うかもしれませんがこの先

AI翻訳による言語の共有や情報単価の暴落が進むと情報の伝播はさらに加速度的に早くなります。

 

 

何が言いたいのかさっぱりわからないと思いますが(;´・ω・)

多くの業界に言える事ですが、新しい価値を生み出せる人間に人々の興味が集中します。

 

 

トリミングサロンも例外ではなく

 既に飽和している情報をさもオリジナルかのように伝播する人よりも

「今のトリミング」に適切な違和感を持ち5年後、10年後を見据えた

サロン運営が出来る人が業界を良い方向に導くと感じています。

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVE

検索ワード

ページトップ

DOG DIAMOND

OPEN:10:00-18:00 水曜定休

〒190-0002 東京都立川市幸町2丁目39-6